ごあいさつ

私たちは、優れたバイオシミラー医薬品開発に特化し、それを医療の場に提供することを通じて、医療費抑制や患者さんの負担を軽減に貢献していきます。

greetings_ToshihikoHibino

近年、多くのバイオ医薬品が開発され、血液疾患、リウマチ、がんなどの治療が画期的に進展し、それらの疾患に苦しむ患者さんに福音的な役割を演じようとしています。

しかしながら、こうした高い治療効果とは裏腹に、これらのバイオ医薬品による治療は高額であるため、医療財政への影響、患者さんの負担は年々、大きくなっています。
こうしたバイオ医薬品の売り上げに占める割合はグローバル医薬品市場では、80%を超え、本邦においても2020年には同様の状況になることが予想されています。
この状況を看過することは、もはや、医療保険財政の破綻、より良い治療を患者さんが受けられない状況に陥る危険性をはらんでいるといわざるを得ません。
私たちは、後発医薬品の普及が促進される中、高価なバイオ医薬品分野において、安価で、優れた後続バイオ医薬品(バイオシミラー)を開発することにより、こうした危機的な状況を脱することに貢献したいと考えています。
私たちYLバイオロジクス株式会社は、必要とされるバイオシミラーを、世界から高品質に拘って、見出し、豊富な開発ノウハウを駆使して効率的に開発し、医療の場に送り出していきます。
バイオシミラー薬は、「高品質」と「高い信頼性」が不可欠です。
私たちは、日本で製剤化することにこだわり、徹底した品質管理を行うことで生み出される高品質な信頼性の高いバイオシミラー医薬品を開発することに取り組んでまいります。
今後とも一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
日比野 俊彦